Disney+はどんなサービス?メリットとデメリットを紹介

「Disney+ (ディズニープラス)」は料金定額で「スターウォーズ」「トイストーリー」などの人気作品の他にオリジナル作品が見放題になる動画配信サービスです。

ディズニー作品が豊富にあるので好きな方には特におすすめできるサービスです。

今回は「Disney+ (ディズニープラス)」のメリットとデメリットを紹介しますので、気になっている方や登録するか迷っている方は参考にして下さい。

それでは見ていきましょう~

どんなサービス?

「Disney+ (ディズニープラス)」はディズニーが提供している動画配信サービスです。

月額770円(税込)ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル・ジオグラフィックなどの人気作品が見放題になります。

以前は「Disney DELUXE(ディズニーデラックス)」という名前で運営されていましたが、2020年6月11日に名前が変わり、サービス内容も大幅にパワーアップしました。

ここでしか見られないオリジナルコンテンツもあります。

料金比較表

ディズニープラスと他の動画配信サービスの料金をまとめました。

サービス名 月額料金(税込)
Amazonプライムビデオ 500円(年会費4,900円)
dTV 540円
ビデオパス 607円
ディズニープラス 770円
 Netflix ベーシック:864円

スタンダード:1,296円

プレミアム:1,944円

FODプレミアム 976円
Hulu 1,007円
U-NEXT 2,140円

メリット

新規クライアントと商談が成功したドイツ人ハーフ- フリー素材 ぱくたそ

ディズニープラスのメリットを紹介します。

紹介するのは以下の7つです。

メリット
  • ディズニー作品が見放題
  • オリジナル作品が豊富にある
  • 多くのデバイスに対応、最大4台まで同時視聴が可能
  • 音声、字幕を自由に切り替えれる
  • オフライン再生が可能
  • 登録すると特典が貰える
  • 31日間の無料期間がある

それぞれ解説します。

ディズニー作品が見放題

先ほども紹介しましたが、ディズニープラスではディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル・ジオグラフィックなどの人気作品が見放題になります。

昔の名作や最新作まで見放題となっているので、心行くまでディズニーの作品を楽しめます。

オリジナル作品が豊富にある

ディズニープラスには、ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル ジオグラフィットの人気作品以外にも、ここでしか見られないオリジナル作品が豊富にあります。

例を挙げると「ボー・ピープはどこに?」「フォーキーのコレって何?」などがあり、今後も多くのオリジナル作品が追加されていくと予定です。

現在配信されているオリジナル作品はサービスに登録しなくても公式サイトから確認できます。

多くのデバイスに対応、最大4台まで同時視聴が可能

ディズニープラスで配信されている作品は、スマホ、タブレット、パソコン、テレビで見ることができます。

非常に多くのデバイスに対応していますので、自分が見やすい方法で自由に楽しんでください。

また、同時視聴も4台まで可能なので、家族や友人とシェアすることもできます。

対応デバイスは公式サイトから確認できます。

音声、字幕を自由に切り替えれる

ディズニープラスのほとんどの作品が日本語、英語の字幕、音声に対応しており、自由に切り替えることができます。

英語の音声で字幕なしということもできますので子供の英語学習にも使えます。

オフライン再生が可能

ディズニープラスではオフライン再生が可能です。

オフライン再生ができると通信制限にかかるのを回避できますし、通勤通学のスキマ時間を有効活用できます。

オフライン再生するには事前に動画をダウンロードする必要があるので、時間があるときにWi-Fiを使ってダウンロードしましょう。

登録すると特典が貰える

ディズニープラスに会員登録すると特典が貰えます。

貰える特典を幾つか紹介します。

特典
  • オリジナルデザインのdポイントカード
  • 壁紙
  • カメラフレーム
  • 特別映像
  • スタンプ

特別映像は、映画の舞台裏やメイキング映像、制作スタッフによる制作秘話などがあり、見ればディズニー作品がさらに面白くなること間違いなしです。

オリジナルデザインのdポイントカードは入会後エントリーが必要で、32日以上継続してサービスを利用しないと貰えません。

エントリーは「ディズニーDX」アプリから(特典)アイコンをタップ、(限定デザインdポイントカードプレゼント)、(詳細を確認)の順で出来ます。

他にもミッキーなどディズニーでお馴染みのキャラクターの声がでるアラームや、ディズニーホテル宿泊割引特典カレンダーなどがあり、継続加入で使える特典が増えていくようです。

31日間の無料期間がある

ディズニープラスには31日の無料期間があります。

期間内に解約すれば月額料金はかからないのでサービスが自分に合っているか確かめるのに丁度良いです。

31日の無料期間はこちらから登録できます。

デメリット

続いてデメリットも紹介します。

デメリット
  • 会員になるには2つのアカウントを作らないといけない
  • 支払い方法が2つしかない
  • 配信されているのはディズニー作品のみ、作品数も少ない

こちらもそれぞれ解説します。

会員になるには2つのアカウントを作らないといけない

ディズニーアカウント登録|オンラインヘルプ|ディズニー

ディズニープラスに会員登録するには「Disneyアカウント」と「dアカウント」の2つが必要になるので少しめんどくさいです。

どちらか一方または、両方のアカウントを持っている人はそのまま使えるので楽です。

支払い方法が2つしかない

ディズニープラスの支払いには「dアカウント」のシステムが使われているので、方法は携帯料金と一緒に支払うか、クレジットカードで支払うかのどちらかです。

しかも、携帯料金と一緒に支払えるのはdokomoユーザーのみなので、dokomo以外の人はクレジットカードで支払うしかないです。

クレジットカードをあまり使いたくない、作れないという方にとっては非常に使いづらいです。

配信されているのはディズニー作品のみ、作品数も少ない

ディズニープラスは配信されているのはディズニー作品のみなので、映画やドラマなどが配信されている他の動画配信サービスと比べて作品数が少ないです。

ディズニー作品は豊富にあるので、ディズニーが好きな方には十分おすすめできるサービスですが、そうでない方は他のサービスに登録した方が良いと思います。

ちなみに、配信されている作品は会員登録しなくても公式サイトから確認できますので、好きな作品があるか一度チェックして見てください。

公式サイト作品一覧

まとめ

今回はディズニープラスのメリットとデメリットを紹介しました。

ディズニープラスは月額770円(税込)ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル・ジオグラフィックなどの人気作品が見放題なります。

オリジナル作品も豊富にあるので、これだけでもディズニープラスに登録する価値はあるかと思います。

若干のデメリットはありますが、ディズニーが好きな方は間違いなく満足できるサービスだと思います。

気になった方は31日の無料期間もあるので気軽に始めてみて下さいね。

31日の無料期間はこちらから登録できます。

最後までご覧いただきありがとうございました。