dTVは使うべき?メリットとデメリットを紹介

dTVは「dokomo」が運営している動画配信サービスです。

月額550円(税込)で12万作品以上が観れるので、非常に安く利用者も増えてきています。

そんなdTVですが、まだ利用していない方は他の動画配信サービスと比べてどこが良いのか分からないと思います。

そこで、今回はdTVが他の動画配信サービスと比べてどこが良いのか、悪いのかを検証しましたので紹介します。

dTVを使うか迷っている方は参考にしてもらえればと思います。

それでは見ていきましょう~

dTVの基本情報

まずはdTVの基本情報を確認しましょう。

下にまとめましたのでご覧下さい。

サービス名 dTV
見放題作品数 12万以上
月額料金(税込) 550円
個別課金 あり
 ダウンロード機能 あり
無料期間 31日


dTVは月額たったの550円(税込)で12万以上の作品が観れるので非常にお得です。

ラインナップは洋画、邦画、アニメ、国内ドラマ、海外ドラマ、韓国ドラマと非常に多いです。

ダウンロード機能もあるので、外出先でも通信制限を気にすることなく好きな作品を見れます。

dTVのメリット

メリットの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

dTVのメリットをまとめましたのでご覧ください。

メリット
  • 他のサービスと比べて配信数が多い
  • 動画をダウンロードできる
  • 画質がきれい
  • 倍速再生ができる
  • オリジナルコンテンツが豊富にある
  • VR作品もある
  • 携帯料金と一緒に支払える
  • 31日の無料期間がある

それぞれ解説します。

他のサービスと比べて配信数が多い

サービス名  月額料金(税込み) 作品数
dTV 550円 12万本以上
Hulu 1,026円 6万本以上
Amazonプライムビデオ 500円 非公開
U-NEXT 2,189円 18万本以上
Netflix 880円 1,320円 1,980円 非公開

大手動画配信サービスの作品数をまとめてみましたが、dTVはその中でもU-NEXTに続いて2番目の作品数を誇ります。

料金も月額550円(税込)とトップクラスに安いので、少ない金額で沢山の作品を見たい方はdTVがおすすめです。

動画をダウンロードできる

先ほども紹介しましたが、dTVにはダウンロード機能があるので、外出先でも通信制限を気にすることなく好きな作品を観れます。

ダウンロードは作品ごとにDLボタンを押すだけなので簡単です。

気に入った作品はダウンロードして外でも楽しみましょう。

画質がきれい

dTVはHD画質なので凄くきれいです。

画質はHD、すごくきれい、きれいの3種類から選択可能なので、映像がよく止まるという方は画質を下げて見ると快適に見れます。

また、一部の作品に限定されますが4KやHDRでも見れます。

ただ、4K、HDR画質は対応機種が無いと見れないので注意です。

対応機種を確認する。

倍速再生ができる

dTVは倍速再生が可能です。

速度は通常、1.5倍、2倍まで自由に選択できます。

仕事が忙しくてゆっくり見てられないという方には非常に嬉しい機能となっています。

オリジナルコンテンツが豊富にある

dTVではオリジナルコンテンツが豊富に配信されています。

種類は有名な映画をドラマ化したものやお笑い、バラエティまで様々です。

気になる方はラインナップをチェックして見てくださいね。

VR作品もある

vrの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

dTVではVR(バーチャルリアリティー)作品も配信されているので他とは違った映像を楽しめます。

VR作品はまだまだ数が少ないですが、今後も追加されていくはずなので楽しみです。

携帯料金と一緒に支払える

dokomoユーザー限定になりますが、dTVは携帯料金と一緒に支払うことが可能です。

クレジットカードを持っていない方でも利用できて良いです。

31日の無料期間がある

dTVでは初回契約に限り、無料期間が31日あります。

個別課金作品以外は見放題になるので、サービスが自分にあっているか確かめるのに丁度良いです。

31日以内に解約すれば料金がかからないので、気軽に始めたら良いと思います。

31日の無料登録はこちらから

dTVのデメリット

デメリットの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー ...

ここまでメリットばかりを紹介してきましたが、dTVにもデメリットがありますので紹介します。

デメリットは以下の4点です。

デメリット
  • 作品によっては個別課金も必要
  • 複数の端末で同時に見れない
  • 配信期限がある
  • 支払い方法が2種類しかない

こちらもそれぞれ解説します。

作品によっては個別課金も必要

課金の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

作品の多くは月額料金で見放題になるのですが、他の動画配信サービスと同じようにdTVでも作品によっては個別課金が必要になります。

全ての作品が見放題になるわけではないので注意です。

複数の端末で同時に見れない

dTVは1つのアカウントで、同時に複数の端末で観れません。

複数の端末で同時に観たい場合は別のアカウントが必要となります。

同時に観たい方は別途アカウントを用意しましょう。

配信期限がある

残り時間の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

配信されている作品には期限があり、過ぎたら当然見れなくなります。

他の動画配信サービスでもそうなのでdTVだけのデメリットではありませんが、配信停止される作品があるので見たい作品は早めに見ることをおすすめします。

支払い方法が2種類しかない

dTVはdokomoが運営している動画配信サービスなので仕方がないことかもしれませんが、支払い方法が2種類と少ないです。

支払いは携帯料金と一緒に支払うか、クレジットカードで支払うかのどちらかです。

しかも、携帯料金と一緒に支払えるのはdokomoユーザーのみなので、dokomo以外の人はクレジットカードで支払うしかないです。

クレジットカードをあまり使いたくない、作れないという方にとっては非常に使いづらいです。

まとめ

今回はdTVが他の動画配信サービスと比べてどこが良いのか、悪いのかを紹介しました。

dTVには良い所、デメリットそれぞれありますが、月額550円(税込)で12万以上の作品が見れるので非常にお得です。

オリジナルコンテンツも豊富にあり、動画をダウンロードすれば外でも楽しめて良いです。

初回契約限定で無料期間が31日あり、期間内に解約すれば料金は一切かからないので、気になった方は気軽に始めてみて下さいね。

31日の無料登録はこちらから

最後までご覧いただきありがとうございました。